家づくりナイスホームズは子育て世代向けのローコスト住宅を建てる会社

未分類

住宅を建てたい、自分たちの家族が住む家をつくりたいと考える子育て世代にとって、日本で住宅を建てることは難しいといいます。それは日本の住宅が高いためです。一見、安価な価格設定がされている住宅もありますが、生活に必要なものを揃えると、価格が倍に跳ね上がるということも、残念ながら多いそうです。

茨城県にある家づくりナイスホームズは、本当に住宅が必要な子育て世代に対して、自由設計で完全注文住宅でありながらも、安く、コミコミの住宅を専門的につくっている地元の工務店だそうです。どうしてこのような家づくりをする工務店となったのでしょうか。

家づくりナイスホームズを主宰する菅原和彦さんは、子どものころに火事により、家を焼け出された経験を持つそうです。ですが、ご両親が早朝から夜中まで働き詰めになったことで、再び我が家を建て、そこで育つという経験を持つ方なのだそうです。そのときに感じたのが、子育て世代こそ、自分の家を必要としているということだったそうです。

ですが、子育て世代は住宅を持つ以外にもさまざまなお金がかかり、高い日本の住宅を持つことをあきらめる人が多いと感じたそうです。さらに明確なルールがないために、見た目では安く住宅を建てられると感じても、実際は当初の倍近い費用になることが分かるケースもあり、子育て世代が安心して住宅を持つのが難しいと考えているそうです。

家づくりナイスホームズは、このようなことがないよう、子育て世代に対してコミコミ住宅を提供しているそうです。引っ越してくれば、その日から生活ができる。これが、家づくりナイスホームズが考えるコミコミ住宅の形だそうです。

オプションとなるのは、あれば便利だけどなくても困らないぜいたく品だけで、照明器具やカーテンレール、消費税まで込みの価格で引き渡しを行えるプランを考えてくれるそうです。実際に引き渡しをしたときに支払う総額を最初に提示してくれる工務店となっているそうです。

強引な売り込みはしない。無理のない資金計画で家を建てる。子育て世代にとってとても大切なことを真剣に考えてくれるのが、家づくりナイスホームズの特徴といえ、またほかのハウスメーカーとの大きな違いといえそうです。住宅を持つのは夢のまた夢、とあきらめてしまう前に、ローコストでも建てられる家づくりナイスホームズに相談をしてみることがおすすめです。本当に必要な設備を備えたローコスト住宅の提案をしてもらえそうです。

Previous
忙しい子育て世代でもノーブルホームなら3ステップで住宅づくりができる
Next
子育て世帯が建てやすい住宅づくりができるハウスメーカー