良い住宅、良い思い出の家作りがライフ・プロジェクトならできそう

未分類

子どもにとって、暮らす家は特別な場所ですよね。そこには家族の思い出があり、記憶が残る場所です。子育て世代こそ、自分たちらしい家に住むことが必要といえるでしょう。ですが、家を建てるとなると、子育て世代にはたくさんの壁が立ちはだかっています。住宅づくりには時間も費用も必要で、子育て世代の住宅づくりを阻みます。

茨城県水戸市にあるライフ・プロジェクト株式会社は、このような子育て世代を応援する子育て応援企業として、適正価格の長期優良住宅を手掛けてきたハウスメーカーだそうです。注文住宅、自然素材の受託を、適正価格で施工してくれるライフ・プロジェクトとはいったいどのような企業なのでしょうか。

住宅は決して安価な買い物ではありません。ですが、分からないことが多く、出来上がってから後悔をするという方も少なくはありません。ライフ・プロジェクトでは、後悔しない家づくりをするために、シンプル・イズ・ベストの理念に基づいた住宅づくりをしているそうです。たとえば壁で仕切り個室を多くとる住宅ではなく、壁を仕切らず、光や風の通り道にこだわることで、自然と家族のコミュニケーションもとれる住宅づくりができるという考えを持っているようです。

住宅は建てたあともこまごまとしたメンテナンスが必要になり、安く購入した建売住宅が結果的にメンテナンス費用のせいで、時間も費用もロスしてしまうということが起こるケースがあります。ライフ・プロジェクトでは、このようなことが起こらないように、メンテナンスをより少なくし、さらにメンテナンスしやすい住宅づくりも心掛けているそうです。在来工法や金物接合、外張り断熱や4時間熱交換型換気、オール4寸角無垢材使用。このようなシンプル・イズ・ベストの理念は、住宅の耐久性を上げることもでき、長期にわたり住宅を良い状態で保てるためのものだそうです。すべては、受託を建てる側の利便性ではなく、家を建てるお客様の満足度を高め、お客様のために良い住宅づくりのために行っているそうです。

安心してお客様が住宅づくりを任せられる会社のひとつが、ライフ・プロジェクトといえそうです。住宅はその場限りの買い物ではなく、長く住み続けるための買い物です。適正な価格で思い出の詰まった住宅に住み続けられるというのは、住宅という財産だけではなく、思い出という財産もプラスされますよね。ライフ・プロジェクトなら、このような良い住宅、良い思い出を手に入れられそうです。

Previous
地域密着型の総合建設業者秋山工務店は信頼感も高い
Next
忙しい子育て世代でもノーブルホームなら3ステップで住宅づくりができる